« ごくごく簡単な | トップページ | イケてる?キャッチコピー »

2011年2月19日 (土)

天然くじら

職業訓練の休憩時間に。

現在、生徒数は9名ですが、だいたいいつも中心で話をされる方ってどこにいってもいますよね。当たり障りのない話題ばかりだけれど、ちょっとおしゃべりあるほうが、やっぱり落ち着きます。

今日は、ちょっと衝撃的な発言を聞いてしまったので、メモしておきたいと思います。

ネットのニュースを見ながら、話しかける彼、話しかけられる彼。そこに私が割って入って、最前列の席の彼も振り返っておぅおぅと話に入ります。先生もこっちを向いているので、なんだかんだで聞いていますw 他の方も興味のある話には参加したりして。

(↑紅一点なの。周りはみんな男性なんです。)

で、今日の話題のひとつが、日本の調査捕鯨とシー・シェパードの云々ってやつです。
なんか最近のニュースって、「ホントなんでこんなくだらないことやってんだろう」で終わっちゃうんですが、これもその最たるもののひとつですかね。

「オレなんか給食で普通にくじらの肉食って…やべ、年バレるじゃん」

「日本の近海ではくじら増えすぎて困ってるって話ですけどねー」

「そもそも遠洋で獲る意味はあるの?」

「ほとんどないんじゃないですか?」

そんな流れの延長上に出てきた一言に、一同吹きだしました。

「くじら養殖しちゃえば問題ないのだろうけど」

聞いたことないw ずいぶんスケールが大きいのですねwww
手間と費用を考えたら、現実的ではないですけれどね~^^; でも着目点が素敵。新しい発想は大事w

実は唯那、くじらの肉を食べたことはありません。だから、そうまでしてくじらを食べたいとはあまり思わない。むしろ、最近ウナギの卵の採取に成功したというニュースを見て、ウナギがもっと身近になるのではとウキウキしています(気が早い)。

健康のためにも、もっと海の幸をふんだんに食事に取り入れたいと思う、その恵みに感謝しながらいただきたいと思うのです。

できれば、誰も乱暴なことをするのでなく、怪我をするのでもなく、真面目に生命の循環とその驚異について考えたいものです。

« ごくごく簡単な | トップページ | イケてる?キャッチコピー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570772/50908359

この記事へのトラックバック一覧です: 天然くじら:

« ごくごく簡単な | トップページ | イケてる?キャッチコピー »